MM2Hの5つの魅力

ロングステイができる

MM2Hビザでは、10年間の滞在が許可されますが、滞在の義務が課されるわけではありません。
長期滞在ビザを許可している国の中には、毎年手続きを行わなければならない国もありますが、MM2Hビザにはそういった手続きも必要ありません*。
それぞれのライフスタイルに合わせ、日本とマレーシアを行き来する自由な暮らしが可能です。

* パスポートを更新した際などには手続きが必要となります。

海外預金口座の開設 & 魅力的な金利(3~4%/年)

海外に口座開設する大きなメリットとして、財政破綻というリスク回避や金利の高さが挙げられますが、預金口座を海外に開設することが以前ほど簡単ではなくなってきました。
しかしながら、MM2Hビザ取得時の条件に定期預金の積み立てがありますので、ビザ取得と並行して、海外口座開設が行えます。Worldwideな大手銀行と普段使いのローカル銀行と・・・といった使い分けも可能です。

マレーシアはゼロ金利政策が続いている日本と違い、魅力的な金利で預金することができます。
MM2Hビザ取得条件額に+αし、優待口座を開設するとお得なキャンペーン情報なども入手できます。眠っている資産をうまく活用するチャンスです。

ビザの保有期間の条件がラク

MM2Hビザは10年間有効ですが、パスポートの残存期間に与えられます(残存期間が5年の場合、まず5年間のビザが与えられ、パスポートを更新した時点で残りの5年分が改めて付与される)。パスポート更新時にはお手続きが必要ですが、それ以外は特に何も必要ありません。毎年手続きが必要になる国もある中、面倒な手続きごとが少ないのもメリットの一つです。

グローバル教育環境にある

他民族国家であるマレーシアは、お子様の異文化・多様性教育に最適です。インターナショナルスクールもイギリス式・アメリカ式・オーストラリア式・・・と多様です。学校や設備により学費には差がありますが、日本より安く教育できるところがほとんどです。
乗馬や水泳、バイオリンなどの習い事も日本より安く受けられます。

充実した余暇の時間が過ごせる

マレーシアを拠点に、タイやベトナムなど他のアジア諸国へ旅行しやすい環境にあります。日本から渡航することを考えると、時間的・経済的にも節約して旅行できる国が増えます。
また、マレーシアの日本人会はアクティビティが充実していることでも有名です。趣味の時間を過ごしたり、ご家族やご友人と旅行に出かけたり、新たな世界が広がり充実した時間が過ごせます。